JOURNAL

国産壁紙から、ウィリアム・モリスへ貼り替え。

突然ですが写真は自宅の玄関です。

一巾だけ貼られた壁紙は国産のものです。90cmのまま貼りましたが、この様に壁の端から端まで貼らずに途中だけ貼る!というのも好きな貼り方の一つです。

ただ、壁紙の柄が不評(嫁さんに…)でしたので 今回、貼り替えとなりました。

img_1102

そこで!選ばれた壁紙は「William Morris(ウィリアムモリス)」です。

鉄板です!

 

 

この方は19世紀中頃、モリス・マーシャル・フォークナー商会を設立し、家具、天井や壁面の装飾を制作していました。

100年以上も前のデザインが今も残ってる事に驚きました、国内メーカーの壁紙は2~3年で消えていくのに…

 

という事で、はい!完成です。

 

【ガーデンチューリップ】1885年ウィリアム・モリス デザインimg_1087

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ

close

※は必須項目です。必ずご入力ください。

お名前
E-mail
ご住所

TEL
FAX
お問い合わせ内容

詳しい内容

プライバシーポリシーに同意いただいた上で
送信してください