JOURNAL

職人やっててよかったと思う瞬間。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはアメリカのWALLQUEST社製の壁紙です。

ウォークインクローゼットの中に施工させていただきました。
服で隠れちゃうとか、荷物で見えないとか、野暮なことは言いません(笑)
見えないところをこだわるのが江戸っ子です。

…違う、浪速の商人です。

…違う、浪速の職人です。

 

このお宅は某高級マンションで、新築当時は某メーカーの某クロスが貼られていた訳ですが、まぁ業界の方ならどこのクロスか分かるかと思います。
僕はあまり使わないクロスの種類なんですが、なぜか新築のマンションや戸建てはごり押し?で結構の割合で使われているようです。

施工側から見ると…
1.軽い!(運搬が楽です)
2.伸びる!(普段の感じで施工するとちょっと貼りにくい)
3.ジョイントの納まり(突きつけは難しいかな?)
まあ、慣れれば貼りやすいんでしょうが僕はあんまり使いません。

というか貼ってるクロスが全然 めくれなかったんです(‘Д’)
若い応援の職人さんにめくりをお願いしたんですが、倍の時間かかってました。

それでも、表面強化クロスやチョークで書けるクロス、冒頭の輸入壁紙や輸入カーテンなどお客さんのご希望通りのお部屋にする事が出来ました。

 

特にウォークインクローゼットを見た奥様の感激の声が有難かったです(^^)
お客さんと最前線の職人ならではの役得です。
これだからやめられないですね。

 

そうそう、今年もJapanTexに行ってきましたよ~
色々と面白いものがありました、その中のひとつですがシンコール株式会社のデニム壁紙です。

2016-10-28-11-10-51

2016-10-28-11-09-46
これ本物のデニムに裏打ちを打ってるんです!

あ~、貼りたい!

角なんか擦れて色落ちして、経年劣化を楽しめると思うんですよね〜

デニム壁紙の案件お待ちしておりますm(__)m

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ

close

※は必須項目です。必ずご入力ください。

お名前
E-mail
ご住所

TEL
FAX
お問い合わせ内容

詳しい内容

プライバシーポリシーに同意いただいた上で
送信してください